はじめて車掌と性をしたのが

そこの駅だった

そう、いま、「駅員と私」のトップを飾っている・・・あの駅だ

いつも、下り列車で、おなかをさする、わたしと、タイトな制服を着た車掌との性は、その駅の、下りホームのはじっこだった・・・

車掌は、男性なんだ、男性なんだ、男性性、じゃなくて、男性の身体を持っている、男性なんだ、と気づいて・・・

その、傲慢なほどきつそうな制服の、美しい腰をみていた

あなたもくるしくないですか、車掌。

・・・・紺色の制服が、目の前でねじれながら、揺れていた・・・

橋の上 徐行しながら 揺れる・・・

乗客が揺れる と 車掌も揺れる・・・

と、

縦長の手帳を開いた車掌が

かるい咳払い、ウ”ン”・・・と、

そしてこの急行電車が もうすぐ次の駅に 停車することを

告げる・・・

川の上にホームがせりだしてる その駅の最後尾で

・・・あの夜、雪が降っていた・・・・かな・・・

車掌に 抱かれた というのは・・・・

 猫の交尾はただ短くてギャアアと鳴いたらオッシマイ

その夜 星はなかったのだろう・・・・

ザアザアザア・・・・

ただ 波が押し寄せた

浴びる・・・のは

わたしの胃腸の波だったのかもしれない

ああ、車掌、車掌、急行電車でわたしを抱いたよ、

ああ、車掌、車掌、急行電車でふたりが横たわる・・・

ガッ

ああ、その衣服の皺がとても好きです・・・

意識失いそう、それがあまりに重たいから・・・

車掌の身体はただ男性のそれで

ただ ただ 重く 

銀色の身体に青のライン・・・

ドア開いたり閉じたり開いたり・・・

重い・・・もう 死ぬかと・・・

車掌のネクタイの結び目が わたしの鼻にかぶさり・・・

真冬の かすかな 汗・・・

 お客さん お客さん・・・ アナタ ホラ かなわないでしょう・・・

と 車掌が意地悪をいう

 お客さん お客さん アナタの考えていることを 車内放送しますよ・・・

と 車掌が 薄く ほほえむ

ああ、恥ずかしい 恥ずかしい・・・・

だけどその手を離さないで・・・

橋のたもとで 車掌に包まれたら 性の花火が パン!と 咲く・・・

たしかにこの駅で車掌と触れ合っていました、いや、そんなきれいな言葉じゃない、駅員の衣服のあの手触りや、目の前で見た制帽の、つややかな輝き、手袋からみえたわずかな素肌に少し生えている産毛の黒、そりのこしたあごのひげを、知っている・・・・たしかに覚えている、覚えている・・・

誰かが誰かのオムツになるのね、顔が涙を流せぬ夜は・・・・・

駅員と性をするなら、この駅ね、誰にも見られないように、川の上にせり出したホームの部分、ふたりで腰掛けて、見えない星座を探しましょう、東京湾から届く波のたよりに包まれましょう、ほんの数秒の停車時間、モニターを見上げる車掌の身体つき、ああ、重たい、重たい、閉眼、ふう、というふうに、あっというまに性は、終わった。

いまではその駅は、島式ホームとなり、駅員の制服もタイトなものからいくぶんモダンなものとなり、性をした車掌は、あとかたもなく消えた、のか、しら、冬が終わる、また、また、胃腸が呼ぶよ、あいたいよ。

 ◆   ◆

なにごともない日々です。年度末はなんやかやでいろいろありますね。自分は地味~な個人事業をやっていますが、2月末からまたスタッフさんや教室の後輩などがお手伝いに来て下さって、本当にうれしい・・・。それぞれの方がそれぞれの仕事を抱えているから無理は言えないのだけど、いろんな方が来てくれるようになって、ずいぶんわたしも肩の力を抜けるようになりました。

 ◆  ◆

先日のライブから「海の底の少女たち」をYoutubeにアップしてみました。ただ、止せばいいのに16対9の比率で録画してしまったので、アスペクト比が明らかにヘンです・・・。

いろいろ試みて、アスペクト比が正しげなDVDを作ることは出来そうなのですが、アスペクト比の正しいYoutube動画を作るのがどうも判りません・・(アップロード前のmpegはちゃんと16:9で見られるのだけど)。そんなわけでお見苦しい動画で恐れ入ります。

縦長だからといって痩せて見えるわけではないのですね~(笑)

ビデオ撮影は磯野一家のhibaさんです。このブログからリンクしている「お芋コポコポ」の管理人さん。あらためてありがとうございました!