父母ともに欧米のG1馬。

この血統背景なので本来なら1番人気のはず。

ただわたしも含め、感じたであろうことが「ヨーロッパの重たい血統と思われるフランケルじゃ東京の高速芝は対応しきれないのでは?」。

杞憂に終わってしまった楽勝劇。

今年は関東馬メジャーエンブレムで桜花賞に挑んだルメール。

とはいえ栗東にいいお手馬が多いだけに迷うところでしょう。

www.youtube.com